勝負はもう始まっている!? GPAを上げたいあなたに

勝負はもう始まっている!? GPAを上げたいあなたに

はじめまして。運営スタッフで広報をしています、まのです。

気付けばもう9月になりました。秋はすぐそこですね。

食欲の秋、読書の秋、学業の秋……。

んん? 学業? 学業といえば、みなさん、春学期の成績、いかがでしたか?

目をそらしたあなたにこそ読んでほしい記事です、最後までお付き合いくださいね。今の時期、「秋学期こそはフル単したい!」「GPA上げたい!」なんて思っている人も多いのではないでしょうか。毎回この時期に「次回こそは!」と決意を固めるものの、気が付いたら全く勉強しないままテストが終わり、成績発表の度に同じことを言っている……そんなあなたのために、今回はGPAを上げるコツを探っていきます!

 

GPAの高い友人2人に話を聞いてみました。

 

人間科学部のMさん(自己最高GPA:4.0)

筆者:GPAを上げるコツを教えて!

Mさん:まず、私は自分が興味がある授業しか取らない。だからちゃんと勉強しようって思えるんだよね。あとは毎回授業に出席することと、任意のコメントや授業の感想もしっかり書くことかな。でも、時間割の組み方が1番大事だと思う! テストとレポートのバランスが大事。1日にテストが何個もあったり、連続したりしていると大変だから、うまく分散させるように授業を取ってるよ!

 

なんと! 自分の興味のある授業しか取らないという……。大学生のあるべき姿です。 私だってそうしたいけど、思わず楽単を取ってしまうんです。楽単を選ばずとも、できる人はちゃんと4.0取ってくるんですね。なんか悔しくなってきました。

 

社会科学部のKさん(自己最高GPA:3.88)

筆者:高GPAの秘訣は?

Kさん:地頭かな。

筆者:そ、……それ以外で(笑)

Kさん:テストが持ち込み不可の授業を取るようにしてる! 持ち込み可のテストはみんなが同じような回答になりがちだから、差がつきにくくてあまり良い評価がもらえないんだよね。高い評価を狙うなら持ち込み不可のを選ぶと良いと思う!

筆者:持ち込み不可をあえて選ぶ……?!私は差をつけられてしまう側だったんですね。悔しい。誰にでも真似できそうなアドバイスはないですか?

Kさん:1日にたくさんの授業を入れ過ぎると、テストが大変。だからいくら全休が欲しくても、授業を詰め込み過ぎないようにしている。他にも寝坊を防ぐためになるべく1限には授業を入れないようにするとか、時間割の組み方を工夫してるよ。 あと、オープン科目は高い評価がもらいやすいって聞いたことがある!

 

2人の話から分かったこと。それは、「時間割を決めるときから勝負は始まっている!」ということ。つまり、秋学期の成績は、時間割を決める今の自分にかかっていると言っても過言ではないのです!!

 

時間割を組むときのポイントをまとめると……

・1日に授業を詰め込み過ぎない

・テストとレポートのバランスを大切に

・持ち込み不可を狙え!

・オープン科目は高評価をもらいやすいかも!?

 

ということです。

みなさんも、賢い時間割の組み方で、高GPAを狙っちゃいましょうー!

もちろん授業が始まってからの出席や勉強、それから地頭も欠かせませんよ(笑)

と、ここまで読んで、勉強へのモチベが上がったそこのあなた! 実は、早稲田祭でも賢くなれそうな企画を行っているんですよ

 

質問企画(仮)

某ラジオ局の子ども向けの番組を模した企画。早稲田大学の教授・サークル・ゼミに、日々どのような学問を研究しているのかを説明してもらい、研究している分野に関しての質問や疑問に対して回答・説明してもらえます。なんと、早稲田大学の教授に直接質問ができちゃうんです! 質問してみたいけど、当日参加できないという人も大丈夫! 事前質問も受け付ける予定です。めったにないこの機会、ぜひご参加ください!

 

どうですか? これなら早稲田祭を楽しみながら勉強もできちゃいます! しかも、GPAや単位を気にしないで楽しく授業を受けられるんです!

早稲田祭には他にも勉強になる企画がたくさん!

学業の秋、早稲田祭でも勉強して、賢くなっちゃいましょう!

それでは当日、みなさまのご来場お待ちしております!

 

 

ネタカテゴリの最新記事