最強の代表は誰だ!? 〜所沢祭vs理工展vs早稲田祭〜

最強の代表は誰だ!? 〜所沢祭vs理工展vs早稲田祭〜

みなさんこんばんは。

突然ですが、早稲田大学には3つの学園祭があることをご存知ですか?

 

そうですあるんです。

(自称)都の西北のそのまた西北、所沢キャンパスで行われる「所沢キャンパス祭」

「りこきゃん」こと西早稲田キャンパスで行われる早稲田理工の学園祭「理工展」

そして早稲田・戸山キャンパスで行われる日本最大級の学園祭「早稲田祭」

 

今回は、そんな三祭の代表による誇りとプライドをかけた(?)ガチンコ三番勝負を急遽開催!!

 

まずは「代表王」を目指し闘いに挑む漢たちをご紹介。

 

所沢キャンパス祭 実行委員会 代表:吉満隆太郎

理工展連絡会 代表:三田智尋

早稲田祭2018運営スタッフ 代表:大石誠人

 

普段は代表としてカッコよく組織をまとめるお三方ですが、今回ばかりは身体を張って貰いましょう……!

それではまつりぬい三祭代表対決スペシャル回の始まりです!

 

①早稲田クイズ

早稲田大学にまつわる色々なクイズを出題。

最初に5問正解した人が優勝となります。

 

天下の政経所属の大石さんが試合前から学部マウントを取っている模様。果たしてどうなるのか……!?

 

第1問「早稲田大学に学部はいくつある?」

大石「ハイ!13個!」

大正解。さすがマウントを取っただけありますね。

 

第2問「大隈講堂は何号館?」

大石「はい!21号館!」

 

大石「これ出ると思ってたわ。」

 

……すご。

政経ともなると未来を予知できるんですね……。

 

第3問「早稲田のセミナーハウスがあるのはどこか?」

①郡山 ②松代 ③高山 ④水戸 ⑤那須

大石「5番の那須?」

 

おっと、ここに来てはじめての不正解です。

次に手を挙げたのは所沢の吉満さん。

 

吉満「2番、松代!?」

 

お~大正解! これにはあの子も一安心。

「とこぬん、うれしいぬーん」

 

その後、大石さんが2問正解しリーチに。

 

続けて三田さんが2問連続正解し

所沢1点 理工2点 早稲田4点 と依然大石さんが1歩リード……!

 

吉満「なあ、所沢に有利な問題は出ないん?」

 

クイズ制作担当 所沢祭実行委員 加藤君「あ、次の問題は所沢の問題っスよ。」

 

第8問「小手指駅-早稲田駅間の運賃はいくらか?」

とここで、問題文のスライドと答えが同時に出てしまうという痛恨のミス。

 

吉満「うあ! オイオイオイ! 答え出てんぞ!」

 

仲間同士で潰しあう闇深サークル、所沢祭実行委員会。

 

第9問「次のうち、早稲田大学出身なのは?

①加山雄三 ②江戸川乱歩 ③池上彰 ④岩田剛典 ⑤櫻井翔」

大石「②江戸川乱歩!」

 

ハイ、大正解です。

 

ここで大石さんが5点獲得で勝利!

 

やはり天下の政経は強かったですね。普段デカい顔をしてるのも許せちゃいます。

 

②太鼓の達人対決

続いては、元祖音ゲー・太鼓の達人で勝負!

 

代表たちが選んだ課題曲は……..?

 

!?

何ですかこのチョイス。

21歳男性にはあまりにも似合わない。

みなさんもしかしてそういう趣味をお持ちなんですかね。

本当のおまわりさん来ちゃうよ……。

まずは大石さんからスタート。

(はっぴを着て太鼓を叩く代表、何ともシュール……。)

 

運営スタッフの下っ端がこんなこと言うのも恐縮なのですが

 

うちの代表、普通に下手くそ。リズム感が皆無。

 

Aメロで流れてきた何の変哲もないどんちゃんを見事に外してました。

画面が黒いこと黒いこと……。オバケたくさん出てきてるし……。

もはや不可の数で勝負できるのでは?

 

さて大石さんの得点は……!?

158720点! 【クリア失敗】

 

見てください、キャラクターたちの呆れ顔。

 

さて続いては、三田さんの挑戦。

せめてクリアはして欲しいところです……!

なんと、お上手!

Aメロでの不可もなく順調な様子。

 

果たして結果は?

183070点!! 【クリア成功】

やったー! 1人目が失敗して2人目で成功、企画的にもありがたい展開ーー!

 

そして最後は吉満さんの挑戦!

果たして早稲田クイズ敗北の汚名を返上できるのか……!?

 

結果はいかに!

192940点!! 【クリア成功】

 

やったー! 早稲田クイズ最下位からの太鼓の達人で堂々の第1位!

企画的に超ありがたい展開ーーーー!!

(クリアできない方がおかしいのかもしれない。)

 

太鼓の達人対決、吉満さんの大勝利です!

➂ビラ配り対決

高田馬場駅前を歩く人々に三祭合同のPRビラを配りまくる対決。

各代表100部ずつ用意し、30分間で最も多く配った人が優勝者となります。

 

つまりこの勝負、(常識の範囲内で)あの手この手を尽くしてビラをはけさせた人の勝ち。

 

早速所沢の吉満さんが段ボールに「お菓子無料配布中」と大きく書き始めました。

なるほど。これを持って戦う作戦なんですね。

大石「ビラと一緒に渡すのにHA○lBO持ってきた!」

……え?

数あるお菓子の中からHA◯IBOを選ぶ微妙なセンス。

 

一方の理工展、三田さんはというと…..

 

何と、手ぶら!! ビラだけを持って正々堂々戦うスタイル。

 

三田「身一つで戦います。こすいことはしません。」

 

聞いたか全国の理系好き女子!

理系の彼氏の着古した白衣お下がりされたい!

お誕生日にあげるチェックシャツとか探してあげたい!!(以下略)

 

そして19時、戦いの火蓋が切って落とされました。

 

早速いい波に乗ったのは大石さん!

と思い近くで聞いていると……

 

ただいま学園祭の広報でHA○lBOを配っておりますー!」

「早稲田祭のビラとご一緒にHA○lBOいかがですかー!」

「えっと、HA○lBOというのはグミのことでして……。」

 

私の知ってるビラ配りじゃない

 

これでいいのか、早稲田祭のビラ配り。

(大石さん、HA◯IBOから怪しいお金とか貰ってないですよね……?)

 

大石「やべ、さっき間違えてHA○IBOの学園祭って言っちゃったわ。」

 

一方、信号待ちの人たちに声を掛ける、掛ける、掛けまくる吉満さん。

 

「こんばんは!お菓子を配っております!」

「お兄さん!そこのお兄さん!持ってって!」

「みんなにあげちゃう♥」

 

……完全にタダでお菓子を配る妖精と化しています。慈悲の権化。

 

お兄さんに馬場で1番美味しいラーメン屋を聞かれたり、ちっちゃい子どもに話しかけられたりと大人気。全てにしっかり対応していてまるで妖精。

理工展、三田さんはというと……

「現在、西早稲田キャンパスで行われる理工展の広報活動を行っております。ビラ100枚を配りきることを目標に活動しています。1枚でいいのでご協力ください。」

正統派! そうそうこれが私の思い描いてたビラ配り。

でもちょっと待った……

「11月3日と4日に西早稲田キャンパスで開演!会場!あ、開催か。」

理工展じゃピンと来ないんだ…..。そうだ! 早稲田の文化祭にしよう。」

 

聞かなかったことにしましょうか。

 

~15分経過~

後半戦に突入!

みなさんどんどん顔が真剣になってきました。

 

大石「HA○lBOが無くなったらキツイ……。」

(すぐそこにド◯キあるよ。)

吉満「そこのお姉さん方!! あ、1人だった。」

(疲労からか、まともに人数も数えられなくなった模様。)

三田「1枚でも多くのビラを貰っていただけると非常に助かりますーー!」

「本日のみの特別なビラを配っております!」

(女子が大好きな「限定」に訴える作戦。)

 

そして21時21分。ついに……!

 

大石さん、100部配布終了!!

 

残り時間を9分残してのゴール。

HA〇IBOに導かれての完全勝利です。

もうHA〇IBO工場に足を向けて眠れないですね。

こうして日曜夜の高田馬場駅前で行われた前代未聞のビラ配布対決は早稲田祭運営スタッフ代表の勝利で幕を閉じました。

三祭の代表による三本勝負、いかがでしたでしょうか。

 

早稲田大学の3つの学園祭、行われるキャンパスは違えどどれも早大生の情熱であふれた祭であることに変わりはありません。

早大生一同、たくさんのご来場をお待ちしております。

 

明日28日は所沢キャンパス祭、来週の土日は第65回理工展、早稲田祭2018にぜひお越しください!

最後に、3人の代表の言葉を添えてお別れです。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

所沢キャンパス祭2018

10月28日(日) 10:00~17:00

 

今年で15周年を迎える所沢キャンパス祭のスローガンは「一五一会」です。一生に一度の機会という一期一会の意味に沿った、その瞬間を精一杯に輝かせることのできる学園祭です。この学園祭の主人公はあなた自身です。

 

第65回理工展

11月3日(土) 10:00~17:00、4日(日) 10:00~16:00

 

講演会や研究発表、さらには来場者参加型の実験体験企画。幅広い企画を通じて科学の魅力や面白さを伝える学園祭です。アカデミックな雰囲気と早大生の熱気が織りなす “物語”をぜひ体感してください。

 

早稲田祭2018

11月3日(土)、4日(日)10:00~17:00

 

来場者数・企画数ともに日本最大級の規模を誇る学園祭です。今年のキャッチコピーは“「好き」に情熱を。” 。自分だけの「好き」に情熱を注ぐ早大生の勇姿をぜひご覧ください!

特集カテゴリの最新記事