運スタ直伝!早稲田祭を快適に楽しむ3つの方法

運スタ直伝!早稲田祭を快適に楽しむ3つの方法

11月。空気が冷たくなって、秋らしさを強く感じる時期になりました。

 

この一年間、私たち早稲田祭2018運営スタッフが準備してきた夢の舞台。多くの人の情熱が渦巻く、日本で一番カオスで熱い二日間が、もう目の前まで迫っています。

大学構内は、今まさに準備の真っ最中。華々しいステージから足元の案内表示に至るまで、ご来場いただくみなさんに最高のひとときをお届けするため、スタッフ総出で最後の仕上げを進めています。

 

しかし、早稲田祭の来場者は日本最大級。私たちの努力をもってしても、某夢の国を上回る18万人の来場者をお招きするとキャンパスが非常に混雑してしまうのが実情です。

去年の早稲田祭を見ても、混雑の様子が十分に伝わるかと思います。

 

「行きたい場所にいけない」、「人混みがうっとうしい」という場面も少なくない当日。

でも、もっともっとみなさまに祭を楽しんでいただきたい!

 

そこで、今回のまつりぬいは、早稲田祭2018運営スタッフが例年のデータを集計して導き出した、最強の混雑回避方法を3つお届けします。

 

運スタのとっておき、ぜひご活用ください。

 


その一 午前中に来場せよ

 

混雑のイメージがある早稲田祭。しかし、企画開始直後の10時頃には人の数も少なく、構内を自由に歩き回れます。

 

1日目の朝一番に行われるのはOpening Festival。さまざまなパフォーマンスサークルが大隈講堂前ステージに登場する、早稲田のサークルショーケースとも言えるプログラムです。2日間に渡る早稲田祭を勢い付ける、最高のステージをご覧いただけます。

2日目の朝には中間決起が10号館前ステージで行われます。一般公開前の時間ではありますが、日曜の朝の眠気を吹き飛ばす大迫力のパフォーマンスの数々で、中だるみムードにもう一度火をつけます。

 

ご覧いただいた後も、キャンパスにはまだ人がまばらな状態。快適に早稲田祭をまわることができるため、多くの企画を回ることが可能!

 

だから、早稲田祭をもっとも楽しむなら、「午前中に来場せよ」

 

その二 建物を通り抜けよ

 

人が多すぎて通りたくない…そんな通路も実はちょっとした建物の通り抜けをするだけで簡単に回避することができてしまうんです!

以下のマップをご覧ください。

 

ピンク色の部分が特に混雑する箇所、青色の部分が迂回に適した通路を示しています。

 

① 大隈講堂前

大隈講堂前ステージの観客で常に大混雑する大隈講堂前。脇にある通用門を利用すると、スムーズに入出場が可能です!

 

② 2号館と8号館の間

早稲田キャンパスの入り口は、特に午前中に混雑が集中。左手に建っている8号館の中を通ることで、キャンパスの中心部まで簡単にたどりつくことができます。

 

③ 3号館と7号館の間

通路が狭く、飲食屋台も立ち並ぶこの道。お昼時である14時ごろに混雑が集中します。7号館を通り抜けることで、混雑を避けて奥の5号館(演劇博物館)や15号館方面へのショートカットが可能!

 

④ 7号館と11号館の間

飲食屋台が立ち並ぶこの道は、10号館前ステージの観客の流れも手伝って非常に混雑するエリアになっています。お昼時がピーク時間帯で、うまく奥に進めないことも多々あります。

11号館を通り抜けることで、奥の14号館や15号館へスムーズに移動することができます!

 

⑤ 6号館と14〜15号館の間

こちらは北門にほど近いエリア。南門などから順路に従って歩くとたどり着く、折り返し地点です。飲食屋台も多く存在し、人の流れがゆっくりになることで混雑します。

キャンパスから出たい場合は、西門へ向かうことでスムーズに退場可能。早稲田駅・高田馬場方面に近い出口なので、お帰りの際にも便利です!

 

これらのエリアを迂回し、目的地に素早くたどり着くことで、企画をより多く、より集中して楽しむことができるはず!

だから、早稲田祭をもっとも楽しむなら、「建物を通り抜けよ」

 

その三 発信されている情報を活用せよ

早稲田祭2018運営スタッフでは、早稲田祭当日に役立つ多くの情報を、各種SNS・webページを通じてお届けしています。

疲れた時の休憩所検索、企画のかんたん検索など、みなさんが早稲田祭を快適に楽しむために必要な情報を以下にまとめました!

 

  • 公式Instagram

早稲田祭公式Instagramでは、空いている建物の情報をお届け。ワセメシコラボや企画の情報、さらには過去の早稲田祭の様子もご覧いただけます。

空いている建物案内を発信しているinstagramアカウントは こちら

  • 早稲田祭2018公式サイト

早稲田祭2018公式サイトは早稲田祭公式から発信する情報を網羅!さらに空いている休憩所の情報も発信しています!たくさん歩いてたくさん食べて疲れた、そんな時にぜひご利用ください!

空いている休憩所を発信している公式サイトのページは こちら

  • 公式LINE@

早稲田のことが全くわからないあなたの「好き」にもフィットする、フローチャート式の企画検索をご利用いただけます。

実はこのLINE@、この記事が公開される頃にはまだ完成していません!

制作担当スタッフが睡眠時間と人間性を捧げてつくる企画検索、果たしていつ完成するのか。友だち追加してその動向を見守ってみてはいかが?

友だち追加

 

 

運営スタッフが発信する情報を利用することで、当日をさらに快適にお楽しみいただけます!

だから、早稲田祭をもっとも楽しむなら「発信されている情報を活用せよ」

 


 

いかがでしたか?

ぜひこれらの情報を活用して、早稲田祭2018を最大限楽しんでくださいね!

 

さあ、早大生の、そしてあなたの「好き」が華ひらく二日間が、いよいよ始まります。

あなたにとって早稲田祭2018が、心に残るすてきな時間になりますように。

特集カテゴリの最新記事